PTA業務のアウトソースをメインとした、PTA支援サービス

 

PTA'S(ピータス)は、PTA業務のアウトソース先を、簡単且つ的確・適切に検索することができる、マッチングサイトです。
更に、PTAならではの疑問や困りごと・課題などを、PTA'S(ピータス)にしかできない切り口で解決に導く、
日本初のPTA専用支援サービスです。

代表メッセージ

PTAは、子ども達のための活動であるにもかかわらず、ほとんどの保護者が“仕方なく”参加しています。そして、PTA活動のために子どもとの時間が削られるという、本末転倒なことも起きています。業務が属人化し過ぎて、保護者によって活動にバラつきも出てしまっています。果たして、PTAがそんな組織、活動でいいのだろうか…そう疑問を抱いたのがPTA’S(ピータス)開発のきっかけです。

PTAのあらゆる業務をもっと効率よくすれば、働いていてもいなくても、お父さんでもお母さんでも、子ども達のために無理なく参加できるようになり、子どもとの時間を削られることもありません。そうすれば、PTAは“仕方なく”参加する活動から、子ども達との共通の話題が生まれる“積極的に”参加したくなる活動へと変わるはず。
そんな想いで、このサイトを企画運営しています。

PTA’S(ピータス)の“タス”には、“全国のPTAを助けたい”という想いが込められています。だから、PTAからは登録料も利用手数料もいただきません。
どうぞ安心してご利用ください。

PTA'S(ピータス)の開発秘話は、こちらからご覧いただけます。

経歴

・1995〜2003年 広告代理店(株)三晃社で営業職
・2004〜2006年 広告代理店(株)J.ウォルタートンプソンジャパンでプロモーション営業職
・2006〜2011年 広告代理店(株)電通で営業職
・2011年3月 双子妊娠を機に退職
・2015〜2019年 認可保育園運営事業者(社福)東京児童協会で企画職、「保育士」資格取得
・2019年4月 民間学童開設を志し退職、「放課後児童支援員」資格取得
・2020年2月 新型コロナウィルス感染拡大により、学童開設断念
・2020年9月 社会課題の解決を目的とする、神奈川県主催のKSAP(かながわ・スタートアップ・アクセラレーション・プログラム)採択
・2020年11月 PTA'S(ピータス)リリース
・2021年3月 合同会社さかせる設立
・2022年8月 「BabyTech® Awards Japan 2022 Qualified」に認定
・2022年9月 第8回 女性起業家大賞 起業プロジェクト 準グランプリ受賞

PTA’Sのサービス内容

景色

アウトソース先には、
どんな企業が登録しているの?

アウトソース先は、「印刷」「清掃」「警備」「記念品」など、12の業種カテゴリーに分かれていて、それぞれのカテゴリーから企業を選ぶことができます。
保護者じゃなくてもいい業務、あるいは保護者がやるよりもプロ(企業)に任せた方が質が高くなり安定化する業務を選んでいます。

アウトソース先となる企業って、
どんな企業?

アウトソース先となる企業には、3つの審査基準を設けています。
1.自社サイト(またはそれに準じたもの)を保有していること
2.原則、会社組織(株式会社/合同会社、等)であること
3.創業から3年以上経過していること

更に、全社面談を行い、取引先がPTAであることへの理解と、
子ども達の学校生活をサポートする意思について確認しています。
その上で、PTAサポーター契約を結び、掲載していますので、
安心してご利用ください。

審査
家族

アウトソース以外のコンテンツって、
どんなのがあるの?

アウトソース以外には、PTAならではの疑問にお応えする情報発信や、PTAに特化した研修や相談会の開催、PTAの様々な課題を解決する企業とのコラボレーションなど、PTAを効率化・適正化し、結果として家族の時間が最大化されるための、あらゆるPTAお役立ち情報を展開しています。

保育園や幼稚園の保護者会って、
PTA?

PTA’Sが対象としているPTAとは、保育園・幼稚園の保護者会から、公立・私立の小学校・中学校・高等学校・特別支援学校のPTAまでを含みます。
現在、全国に約74,000ほどあります。

PTA

PTA'Sは、無料でご利用いただけるサービスです!

PTA’Sのサービス内容

景色

アウトソース先には、
どんな企業が登録しているの?

アウトソース先は、「印刷」「清掃」「警備」「記念品」など、12の業種カテゴリーに分かれていて、それぞれのカテゴリーから企業を選ぶことができます。
保護者じゃなくてもいい業務、あるいは保護者がやるよりもプロ(企業)に任せた方が質が高くなり安定化する業務を選んでいます。

審査

アウトソース先となる企業って、
どんな企業?

アウトソース先となる企業には、3つの審査基準を設けています。
 1.自社サイト(またはそれに準じたもの)を保有していること
 2.原則、会社組織(株式会社/合同会社、等)であること
 3.創業から3年以上経過していること
などです。
これらに加えて、全社面談を行った上で、登録・掲載しています。
なので、安心してご利用ください。

家族

アウトソース以外のコンテンツって、
どんなのがあるの?

アウトソース以外には、PTAならではの疑問にお応えする情報発信や、PTAに特化した研修や相談会の開催、PTAの様々な課題を解決する企業とのコラボレーションなど、PTAを効率化・適正化し、結果として家族の時間が最大化されるための、あらゆるPTAお役立ち情報を展開しています。

PTA

保育園や幼稚園の保護者会って、
PTA?

PTA’Sが対象としているPTAとは、保育園・幼稚園の保護者会から、公立・私立の小学校・中学校・高等学校・特別支援学校のPTAまでを含みます。
現在、全国に約74,000ほどあります。

PTA'Sは、無料でご利用いただけるサービスです!

アウトソース先企業をさがすには?

行事で探す
サービス内容で探す

PTA'Sへ登録して、企業へ問い合わせよう

PTA’Sの利用方法

かんたん3ステップ!

「ピータス」で検索

「ピータス」で検索

「新規登録」からユーザー登録

「新規登録」から
ユーザー登録

企業へ問合せ書類ダウンロード等

企業へ問合せ
書類ダウンロード等

PTA'Sは、無料でご利用いただけるサービスです!

アウトソースするメリット

PTA業務をアウトソースすることで、担当者やメンバーのモチベーションやスキル・事情に左右されることなく、質が永続的に安定します。
また、保護者の時間的拘束や心理的負担が軽減され、それらに伴う不公平感も解消されるため、前向きな気持ちでPTAに参加する保護者が増えることが期待できます。
更に、予算を使い切らなかった際に、“何に使っていいかわからないから何となく繰り越す“ということがなくなり、”その年度の予算はその年度に在籍している子ども達のために使う“ことにも繋がります。

そしてこれらの結果、
PTAの効率化と適正化が進み、家族の時間やコミュニケーションが最大化されます。

PTAをラクちんにすることは、決して悪いことではありません。
PTA業務のアウトソース、是非ご検討ください。

アウトソースするメリット

利用者の声

実際に、多くのPTAにご利用いただいています

「クオリティの高いPTA活動ロゴができて、みなさんからも好評です!」

横浜市の公立小学校
PTA会計担当を務める
池内 健太さん

「保護者・学校双方にとって、Win-Winになれるツールを開発することができました」

千葉県流山市の公立小学校
PTA会長を務める
峰松 拓毅さん

アウトソースにお困りの方へ

アウトソースの方法をわかりやすく解説

PTA業務アウトソース相談会

PTA業務アウトソース相談会

定期的にオンラインで、無料相談会を実施しています。
直近の開催は「詳しくみる」からご覧ください。

今すぐ相談したい!ときは、こちら

PTAをたすけるPTA'S(ピータス)_PTA向け相談窓口

  • 4/18 沖縄FMコザ『パパニティ・レディオ・クラブ』に出演させていただきました。4/18 沖縄FMコザ『パパニティ・レディオ・クラブ』に出演させていただきました。
        沖縄県沖縄市コザを拠点にしたラジオ『FMコザ』に出演させていただきました😊 『FMコザ』は、個性的なパーソナリティが、自由に独創的な番組を作っているのが特徴のコミュニティFM。   今回は、渡邊大地さん・琴美さん夫妻がパーソナリティを務める”聴く両親学級”『パパニティ・レディオ・クラブ』という番組にお招きいただきました。 『パパニティ・レディオ・クラブ』は、マタニティのご夫婦を対象とした、妊娠中に知っておきたい情報や、産後・育児の情報を、ゲストを交えて情報発信する番組。YouTubeでアーカイブ配信もされるので、沖縄だけでなく、全国の方にご覧いただける番組です。 そんな、全国のパパ・ママの味方のような番組に出演させていただくことができ、とても光栄でした✨     番組内では、 「PTA’S_ピータス」というネーミングに込めた思いや、 PTAからよく寄せられる相談やお悩みについて、 ピータスを活用いただいた事例についてなど、 真面目に、そして楽しく、お伝えさせていただきました😊                           よろしければ、こちらのYouTubeより、アーカイブ動画をご覧ください。 ※冒頭54秒ほど黒い画面が続きます💦その後番組が始まりますので、ご安心ください!             新年度が始まり、いよいよ新しいメンバーでの活動がスタートする時期です。 少しでも、皆さんの参考になりましたら幸いです。     \その他、メディア掲載情報はこちらからご確認ください/    
  • ピータスを取材いただいた『Hint-Pot』の記事が、Yahoo!ニュースでトレンド入りしました。ピータスを取材いただいた『Hint-Pot』の記事が、Yahoo!ニュースでトレンド入りしました。
      取材を受けたWEBメディア『Hint-Pot』の記事が、Yahoo!ニュースでも取り上げていただいています。   『Hint-Pot』の記事はこちらです。 「約4割がPTAで「嫌な体験した」、保護者の本音は? 2000人調査」   Yahoo!の転載記事はこちらです。 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6494122     最終的に、コメントは2,000を超えました。 みなさんの関心の高さを物語っているのではないでしょうか。   今現在、来期運営に向けて頭を悩ましている役員の皆さんにとって、少しでも参考になりましたら幸いです。     \その他、メディア掲載情報はこちらからご確認ください/  
  • PTAコラム『進もう!PTA』の連載が始まりました!PTAコラム『進もう!PTA』の連載が始まりました!
      『進もう!PTA』に込めた想い 昨年の6月、共同通信さんに取材いただき、記事を配信いただきました。 https://ptas.site/20230609-kyodo/ そのご縁で、コラム執筆のお声がけをいただきました。   執筆にあたりとにかく悩んだのが、タイトルでした。 奇をてらったり、韻を踏んでみたり、あれやこれやと考えて、コレだ!と思い娘達に見せたら、 「お母さんは、読んでる人を巻き込みたいんでしょ?その感じが伝わらない」と言われました。 あまりに鋭い指摘で、ぐぅの音も出ませんでした。 夫からは、 「”変える”っていう言葉には、現状を否定してる感じがあるんじゃないか」とアドバイスをもらいました。   家族は、私よりも私の想いを理解してくれている。   それからもう一度、考えて考えて考えてたどり着いたのが、『進もう!PTA』です。   誰も否定せず、 押しつけでも上から目線でもなく、 読者に委ねず私も一緒に、   そんな想いを込めたタイトルです。   また、コラムのタイトルイラストと挿絵は毎回、ryukuさんが描いてくださいます。 大人かわいくて、ふんわりと楽しげに、毎回コラムを彩ってくださいます😊 ryukuさんのInstagramはこちら:https://www.instagram.com/monkey_trapper.ryuku/   配信するコラムは、全部で12回の予定です。 どの新聞にいつから掲載されるかは事前には分かりませんが、連載が決まると毎週同じ曜日に掲載されます。 また、新聞は有料媒体のため、コラム全文をこちらで紹介することは、残念ながらできません💦 もし、お住いのエリアの新聞で連載がはじまりましたら、是非ご覧ください😊     PTAの皆さんが気になるテーマ・知りたいテーマで コラムのテーマは、ピータスに寄せられるお問合せやご相談をもとに、皆さんが気になるテーマ・知りたいテーマを選びました。 事前に全てはお知らせできませんが、楽しみにしていただけますと幸いです😊   <掲載実績> ●下野新聞:毎週土曜日(1月27日~) ●愛媛新聞:毎週水曜日(2月14日~) ●京都新聞:毎週金曜日(2月16日~) ●秋田魁新報:毎週木曜日(2月22日~) ●山陰中央新報:毎週土曜日(3月2日~)※デジタル版でも配信 ●福島民報:毎週木曜日(3月7日~) ●北日本新聞:毎週日曜日(3月10日~) ●埼玉新聞:毎週水曜日(3月13日~) ●茨城新聞:毎週金曜日(3月22日~)  ●徳島新聞:毎週火曜日(4月2日~) ●岩手日報:毎週木曜日(4月4日~)  ●沖縄タイムス:毎週日曜日(4月14日~)※デジタル版でも配信 ●岐阜新聞:毎週日曜日(5月5日~)※デジタル版でも配信   <掲載内容> ※見出しは、新聞によって異なる可能性があります。 第1回:学校変わる後押しに~多様な保護者が関わる強み~ 2月14日付『愛媛新聞』   第2回:気持ちを等しく受け止める~結果の平等は求めない~ 2月16日付『京都新聞』   第3回:会長はいなくてもいい!?~共同代表制を取る組織も~   第4回:先生の負担を減らしたい~ツールでWin-Winに~   第5回:非加入家庭の子への対応~会費は子どもみんなのため~   第6回:必要性見極め、まず一歩~手段としてのオンライン化~   第7回:父親も参加できる社会に~性別役割の刷り込み懸念も~   第8回:アウトソーシングも有効~「作業」はプロに~   第9回:多様な保護者の集まる場に~9言語対応のツールも~   第10回:規約や慣習に縛られない~変化に合わせ柔軟な対応を~   第11回:会計をオープンな業務に~サービス利用に壁も~   第12回:不要論の先の未来へ~地域と学校つなぐ役割も~     \その他、メディア掲載情報はこちらからご確認ください/    

運営会社情報

会 社 名:合同会社さかせる(https://sakaseru2019.com/
所 在 地:神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル4F
事業内容:子育て支援及び児童の教育・福祉にかかわるイベントや
     サイトの企画・運営
設  立:令和3年3月
代表社員:増島佐和子
資 本 金:1,000,000円

運営会社情報

会 社 名
合同会社さかせる
https://sakaseru2019.com/
所 在 地
神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-2
川崎フロンティアビル4F
事業内容
子育て支援及び児童の教育・福祉にかかわるイベントやサイトの企画・運営
設  立
令和3年3月
代表社員
増島佐和子
資 本 金
1,000,000円