【TVで取材いただきました】<運動会サポート>「実施後のアンケートに『会費を有効に使ってもらい、PTAに参加できない後ろめたさが減りました』とあり、嬉しかったです」

PTAをたすけるPTA'S(ピータス)_行事サポート

都内の公立小学校PTAが運動会に行事サポ―トを活用した事例です。

PTA

※本事例は、東海テレビの『ニュースOne』で取材いただき、Yahoo!ニュースでも取り上げられました。
・東海テレビ『ニュースOne』動画:https://www.youtube.com/watch?v=sEh_OL5HL1c
・Yahoo!ニュース:https://news.yahoo.co.jp/articles/8a088569f742ec7f7f9468ad70c024fab7ea25a9

PTAをたすけるPTA'S(ピータス)PTA'Sでクレカ事例<利用者詳細>

・利用PTA:目黒区立不動小学校PTA 会長 髙橋万穂さん
・PTAの所在地と規模:東京都、約670名
・利用業種カテゴリー:行事・イベント等サポート関連
・実施内容:運動会会場周辺の見回りおよび誘導等業務(スタッフ計5名手配)

 

<感想>

「今年もコロナ禍での運動会となったため、学年毎の完全入替制での開催を予定していました。今回に限りませが、保護者サポートを募る場合、子供の観覧に支障がないよう、細密な分担管理が必要です。過去の実績から、募集により保護者を募れる見込みはありましたが、兄弟構成や雨天時の予備・止むを得ない急な欠席等を考慮すると、必要人数に満たない可能性もありました。また、主体的に携わる保護者への負荷の偏りも課題だったため、教職員・保護者の負担軽減を考慮し、行事スタッフのアウトソーシングという、新しい試みを採択するに至りました。

アウトソース先は、普段活用している、ピータスで検索しました。

例年の運動会運営では、4月の保護者会時点で、部会委員会や各種係として1人1役が必須として、全家庭の保護者が参加する組みとなっていました。この、4月の時点でかなり先の予定を見越し、ほぼ強制的に役割を分担させられる仕組みには、賛否がありました。また、コロナ禍での行事運営は、時勢に見合った開催方法を模索する必要があるため、予め人員を確保していても、予定通りにいかないという実情もありました。

そんな中、思い切って行事スタッフをアウトソースしたことは、教職員・保護者共に、運営負荷が軽減され、大変好評でした。特に、現場に立つスタッフが保護者ではなく、コロコロ入替らずに済むため、引き継ぎ等に関わる負荷が軽減されました。

更に、日頃協力したくても、それが叶わない保護者からは、『これまで物理的に協力できず、後ろめたい気持ちもあったが、会費が有効に活用されていたので、気持ちの負担も減った』との声も聞かれ、とても嬉しかったです。

正直、外部スタッフを受け入れることによるセキュリティの不安等もありましたが、フジキャリアデザインさんとは事前に委託契約書の取り交わしもあり、PTAの不利益となるリスクは最小限になるよう配慮もあり、安心でした。当日も、イベント運営に長けたスタッフさんを派遣いただき、プロのお仕事に大変助けられました

運動会後のアンケートでは、今回の外部委託について、好意的なご意見と、ご指摘をいただいた部分もありました。ただ、「新しく柔軟な活動転換に好意的」で、「潜在的に活動参加を望んでいる保護者が多い」ことが分かり、大変手応えを感じました。 

 

企業

PTAをたすけるPTA'S(ピータス)PTA向け相談窓口<PTAサポーター企業詳細>

・受注企業:株式会社フジキャリアデザイン
・PTA’S内URL:https://ptas.site/service/fuji-career4/
・企業の所在地:東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル南館18階
・担当部署:営業企画部

 

 

<感想>

「今回は、運動会のサポートをご依頼いただきました。会場周辺の見回りや受付、保護者整備・誘導等、行事全般をサポートさせていただきました。派遣させて頂いたスタッフは、皆子育て経験者でしたので、学校は違いますが、活動内容はある程度予測できました。

コロナ禍ということもあり、学年毎に保護者を入れ替えるオペレーションでの開催でしたが、ずっと同じスタッフが対応することで、引継ぎの必要もなく、どの業務も違和感なくスムーズにお手伝いさせていただくことができたと思います。PTAの方にも先生にも大変喜んでいただくことができました。」

 

\その他、PTA’S(ピータス)の「利用者の声(事例集)」は、こちらからご覧ください/